妊娠悪阻で休職したら傷病手当金が貰えた


妊活を四年続けていたある日、待ちに待った待望の第一子を授かる事が出来ました。
私も主人も大喜びでしたが、それも束の間。幸せなマタニティライフとはかけ離れた辛い悪阻生活が始まるのでした。

病院に検査も行っていない段階ですぐに悪阻が始まってしまい、吐き気のオンパレードで、食べては吐き、食べては吐きを繰り返していました。
俗に言う「吐き悪阻」というやつです。
そのため仕事なんて全く出来ず、それ以前に出勤すらままならなかったです。

すぐに会社と相談し、有休なしで2ヶ月間休職し自宅療養していました。
その後悪阻が収まったので、仕事へ復帰し無事勤務を終え、産休を取得していた時にテレビで「傷病手当金」の存在を知りました。
ある一定の条件をクリアすれば風邪やインフルエンザでも貰えるありがたい制度です。

しかし、妊娠悪阻といっても私は病院から吐き気止めの薬をもらっていただけの自宅療養だったので、貰える可能性が低いという事が、ネットなどの情報からわかりました。
ですがダメ元で申請してみるかと思い、かかりつけの産婦人科の先生にお願いし医師の診断書を出してもらい、派遣会社からも必要書類をいただき、申請を行いました。

すると、しっかりと2ヶ月間分の手当を受け取る事が出来たのです。
子供も生まれお金も今後かかってくるので、とてもありがたく、嬉しかったです。国の制度にとても助けられました。