投資顧問って何?

FB株価が好調!日本通信が投資顧問の推奨銘柄に

投資顧問で推奨される銘柄として、フェイスブックが挙げられます。フェイスブックは世界最大のソーシャルネットワークの運営会社で、利用ユーザー数の拡大傾向が続いています。世界規模で利用ユーザー数が増えていくと、フェイスブックが得られる広告収入が大きくなることから、先行きの業績に安心感があります。FB株価としては2012年に上場をした時には1株あたり30ドルだっとものの、その後20ドルまで下げて市場関係者から心配をされたことがあります。しかし、その後のFB株価は順調に右肩上がりを続けて、現在は1株あたり90ドルを超えるようになってきました。今後もフェイスブックのユーザーは新興国などを中心に伸びていくことが予想されるため、FB株価はさらに上昇していくことが考えられます。そのような環境があることから、投資顧問ではフェイスブックを推奨銘柄にすることが多くなっています。また、投資顧問が推奨する日本株では、日本通信が挙げられます。去年は格安スマホへの期待の高まりから、日本通信株が大きく買われた経緯があります。その結果として、日本通信株は1株あたり1200円を付けるまでに上昇しました。しかし、その後は企業収益の伸び悩みがあり、日本通信の株価は大きく下落する結果となっています。期待が剥がれた日本通信株ですが、最近は改めて見直しをする動きが出てきています。その理由としては、首相が日本の大手通信会社に対して通信料金を下げるよう支持を出したことが挙げられます。そうした環境から今後は格安スマホが再び脚光を浴びるとの観測が広がってきています。格安スマホ事業は国策に乗っているために、日本通信株はもう一度買われていくのではないかと見られています。