投資顧問って何?

投資顧問会社が注視!横浜の大企業と決算前日の株式取引

日本国内には様々な企業が上場していますが、神奈川県横浜市には、投資顧問会社が常に注目している上場企業が数多く存在します。また本社を横浜市に置いている企業も数多くあります。その業種も多様で、一例を挙げると、国内最大手の自動車メーカー、カーナビ・ヘッドフォンの販売大手、園芸・農業用品販売大手、紳士服販売大手、携帯メーカー、国内外の飲料水大手、ドラッグストア、コンビニ展開、劇団運営会社など、実に様々な業界の一流企業が名を連ねています。

決算前日となると、税務署や横浜市役所が相次ぐ決算書提出で混雑することが予想されますが、株式投資を行っている投資顧問会社および個人投資家は、この決算前日付近の株価の動きを注視する必要があります。なぜなら、決算前日には役員改変等のプレス・リリースを初め、利益に関する上方・下方修正など、株価に非常に大きな影響を与える情報や材料が出る傾向が強いからです。例えば役員改変などは、世代交代を除いては基本的に新規役員への交代要素が強いですから、下振れ要因として受け取られます。また、新商品の発売や増配などは上振れ要因として受け取られる傾向が強いと言えます。さらに、こうした発表も企業によっては織り込み済みのケースもありますので、投資顧問会社および個人投資家は、各企業の株価の動向と業績を常日頃から注視することが重要です。

また短期・中長期など、投資のスタイルによっても対応は変わってきます。短期売買であれば、直近の株価の動きは非常に重要ですので、利益確定または損切りの準備をする姿勢で市場を注視する必要があります。一方、中長期を考慮した投資スタイルであれば、企業の将来性等を考慮して、株価が下がっても逆張りで購入するというのも一つの方法と言えます。